めざせ!新刊発行!!~創作同人サークル『めざせ!』の制作ブログ~
漫画大好き『ゆこ』と『エリ』。知識・技術ゼロな二人の試行錯誤【創作同人誌】作り!東京コミティアで活動中。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストイックに
ゆこです。

持ち込み、行ってきました!ココハナです。

いろいろ指摘してもらって、頭の中がすっきりしました。
でもねー、ほんとは自分で気づかなきゃいかんのよねー・・・

ネームで見ます、と有難いことを言って頂けたので、ネームの状態で持って行きました。

CA3C0637.jpg


以下、指摘してもらった点を箇条書きで。


・絵と構図。正面顔が多すぎ。画面が平面的になってる。カメラが定点カメラすぎる。もっと工夫を。

・主人公が「どういう子」なのか、「何をしたい子」なのかが抜けている→読者が戸惑って、読みづらい

・冒頭3ページくらいで、「主人公」とテーマをそれとなく出す

・友人の設定が生きていない→もっと話の軸にからめる


今回もまた、ああ、やっちまった・・・と思ったんですが、またテーマがぶれてるんですよね・・・
話の前半と後半でテーマが一貫してない。

主人公が「どういう子」か、によって話の展開は変わってきますよね、と言われたんですが
や、それはもう私の失敗です。
もともと、話の中でやりたいことははっきりしてたのに、その主題に合わないエピソードやらを安易に入れてしまったのが敗因です。
話を作るときに「おっ、これでいけんじゃん」ってやってるところが多いんですよね・・・全然いけてないっつうの。
そうじゃなくて、もっとストイックに、このエピソードは今回のテーマから外れてないか?って一個一個細かくチェックしなきゃイカンと。
安易に「勢い」や「発想」「インパクト」で話を作るのはやめにします。ちょっと自覚が足りなさすぎた。

あと、言われてはっとしたことは、「脇役の設定が生かしきれてない」という指摘で、
「自分にはいろんな設定を詰め込んじゃう癖があって、今それを直しているところなんです。
こういうのは削れるようにならないとだめですよね」と言ったら、
「いや、むしろ設定はたくさんあったほうがいい。ないと、話がすかすかになっちゃうから。でも、その設定をもっと本筋に絡めてください」と、言われて目からウロコでした。
設定、多くてもいいのか!!
や、限度はあるでしょうけど・・・。あと、本筋に絡まないなら出さないほうがいいだろうし。
でも、ちょっと驚きでした。


とりあえず、この作品、二つに分解して作り直そうと思います。
なんでテーマがぶれたのか、よくよく自分に向き合ったところ、当初のテーマとは別のテーマがぼんやりと浮かび上がってきたので。
ほんとは腕があれば、一つの話に二つのテーマを盛り込むなんてたやすいことなんでしょうけど、自分には実力が足りないので、一個一個やってくしかないです。

マンガ制作において、自分の苦手なことがはっきりしてきたんですけど、それを克服する手立てがあまり見つからず・・・
まあ、苦手なところが分かっただけでも進歩としましょうかね。
今年の収穫です。
関連記事

テーマ:同人活動日記 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。